香港の概略

東京都の面積の約半分である1104km²の香港は、中国の南側に位置しています。イギリス領であった香港は1997年に中国に返還され、現在はショッピングやグルメで、世界中の旅行者に人気の高い場所となっています。また香港はビジネスの要所でもあります。特に金融関連企業は、香港をアジアの拠点としている企業も少なくありません。
国際的に発展した香港には、多くの日本企業も進出しています。香港には常時数万人の日本人が住んでいるといわれています。時差は日本より-1時間遅れており、所要時間は日本から飛行機を利用して約5時間かかります。通貨は香港ドルで、香港での言語は中国語、または英語が主に使われています。気候は比較的湿気が多く、気温は低い時期で15度、暑い時で30度を超える時があります。
香港に行ったらやっぱり食べてみたい、マーボー豆腐や小龍包などの中国各地の本土料理の他にも、国際都市香港には世界各国の料理が食べられるレストランもあります。雑貨や小物、インテリアなどはチャイナをイメージした物が多く売られており、見ているだけでもワクワクしてきます。有名な「100万ドルの夜景」を見るには、香港で最も高いビクトリア・ピークがお勧めです。エネルギッシュな香港へ来たら、メインストリートから下町まで歩きながら香港を堪能すると良いでしょう。